« 【出演者コラム】私の仕事観・近藤ありささん | トップページ | 【出演者コラム】私の仕事観・坂本浩樹さん »

【出演者コラム】私の仕事観・古田通子さん

仕事とは、生きていくための糧を得るための行為全般である。

やりたいことだろうが、やりたくないことだろうが、

できること、やり続けられることをやるしかない。

自分はどんな仕事に向いているか、とは、何がやりたいかではなく、

どんな仕事なら続けられるかを基準に考えるべきだろう。

もちろん、やりたい仕事であることも続けられる要素ではあるだろう。

しかし、趣味としてやるのと仕事としてやるのとでは、大きな違いがある。糧を得る=賃金が発生する以上、仕事にはそれに見合う責任が付きまとう。その責任に応え続けるのは、単にやりたい、好きだ、というだけでは難しい。

私は今求職中だ。以前の仕事は、内容は好きだったが、

人間関係が主な原因で身体を壊し、続けられなかった。

職安の端末にも「好き」な仕事はそれなりに見つかる。

しかし、何とか続けられそうな、責任を果たせそうな仕事、

というと迷いが生じる。

それでも人間、自分にできることで自分を養っていくしかない。

|

« 【出演者コラム】私の仕事観・近藤ありささん | トップページ | 【出演者コラム】私の仕事観・坂本浩樹さん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1142636/27265173

この記事へのトラックバック一覧です: 【出演者コラム】私の仕事観・古田通子さん:

« 【出演者コラム】私の仕事観・近藤ありささん | トップページ | 【出演者コラム】私の仕事観・坂本浩樹さん »